妊娠線対策として使う妊娠線クリームはいつから?

妊娠線は妊娠によって大きく体型が変化することでできる

妊娠線は妊娠によって急激に体重が増えることによって、体型が変化することで起こる皮膚のひび割れの症状です。
これは妊娠時以外にも急激なダイエットをした時にもできるため、多くの人の肌の悩みの一つといわれています。
特に妊娠時は副腎皮質ホルモンのグルココルチコイドの分泌量が増えることによって、皮膚内部でコラーゲンが作られにくくなるため、体型の急激な変化と相まってお腹の赤ちゃんの成長に伴い、お腹が大きくなる妊婦さんには出来やすい傾向にあります。
では実際に妊娠線はいつ頃から出来始めるのかというと、安定期に入る妊娠5ヶ月頃はお腹も大きく目立ちやすくなってくるので、このタイミングで妊娠線が目立ちやすくなるという方は多いです。

【肉割れ/妊娠線/成長線】NOCOR ノコア 浸透ケアセット(アフターボディトリートメントクリーム150g&ヒートブースターボディマッサージ VCオイル100ml)[肉割れ 妊娠線 クリーム ボディクリーム マッサージ ダイエット お尻 太もも お腹 アロマ 妊娠線クリー… [楽天] https://t.co/nxaIgkIR7g #rakuafl pic.twitter.com/xRPXd4W4va

— はるちゃむ♡はてなブログ (@Akutamu) January 21, 2021
もともとの体型やお腹の大きくなるスピードは人によってことなるので、妊娠中に症状が出る人もいれば分娩時に出来たという方もいるなど個人差が大きいことも特徴の一つです。
そこで少しでもきれいな肌を維持したいと考えるなら、早めに妊娠線対策として妊娠クリームを利用する必要があります。
妊娠線ができる原因の一つに肌の乾燥によって、肌が硬くなることが挙げられるので、妊娠線が出来やすいお腹周りを中心に保湿を念入りに行いましょう。
ただ妊娠時は肌がデリケートな状態になりやすい女性も多いので、市販されている低刺激の妊娠線クリームを利用することが効果的です。

妊娠線は妊娠によって大きく体型が変化することでできる妊娠線対策として低刺激の妊娠線クリームの利用が効果的妊娠線ができる前からしっかりとケアすれば十分に予防できる